社会人司法試験(予備試験)受験生の日記

公認会計士として働きながら、勉強の記録を残すためのブログです。勉強と関係無い話も時々します。コメントございましたら司法試験の話題に限らず何でもどうぞ。

H30予備試験を受験しての雑感②(論文編)

 

それでは論文編へ。

1. 事前準備

 前記事でも書きましたが、短答受験後に新婚旅行で2週間ほどヨーロッパ方面に遠征しておりましたので、その間は勉強できませんでした。したがって、必然的に私ができたことは非常に限られた範囲のものとなりました。

 結論からいうと、①伊藤塾の予備試験用の問題集(赤い表紙で練習問題20問+過去問10問という構成のやつ)に目を通す、②法学教室の演習本(「事例から考える~」とかって銘打ってるやつ)に目を通す、くらいでタイムアウトでした。本当は予備校から答練を入手して解いたり、模試を受けたり、過去問を検討したりすべきなのでしょうが、その時間的余裕はなかったです。

 後に試験当日に後悔することになるのですが、最低限、答案構成をどのようにするのか、また答案構成にどれくらいの時間を使うのか、くらいははっきりさせておくべきでしたし、1科目70分(法律科目)という制約がどれくらい厳しいものかも事前に知っておくべきでした。

2. 試験当日(総論)

  •  短答試験のときは「これで落ちて論文までたどり着かなかったらやべー」というプレッシャーがあったので前日の寝つきがやや悪かったのですが、論文試験はいつも通り6時間程の睡眠を取って臨みました。
  •  今年の会場(五反田TOC)はやや駅から遠かったので、暑さを考えるとタクシーで行くのが正解でした(初日は徒歩で行って後悔したので翌日はタクシーに)。
  •  座席は木製の長机と質素なパイプ椅子。特に机が狭いとかは気にならず。
  •  とにかく試験時間の制約がきつかった。予め答案構成をささっと出来るように訓練しておくべきでした(当たり前)。また、三段論法を守ることを心掛けるべきでした(割と崩壊気味だった)。

3. 試験当日(各論)

  •  公法系は尊い犠牲となりました。というのも、いざ初めて2時間20分という制約を与えられて何にどのくらい時間配分すればよいか分からずテンパってしまったのです。行政法から解き始めたものの、予想外に時計の針の進みが早くてあまり答案構成せずに書き出す羽目になり(以下、憲法も同様)、死亡しました。設問2で行政法は行政手続法が適用されないってことは分かったものの、設問1で処分性を肯定する立論をする際の考慮要素の摘示やあてはめがうまく書けず、憲法は地方議会における議員に対する懲戒処分という事案の個別性に着目できていない、かつ、法令違憲なのか処分違憲なのかもよく分からないふわっとした答案にて爆死。初科目で時間の使い方が分からないまま浮足立ってしまった結果、うまく自分の力を発揮できませんでした(まるでベルギー戦の2-0後の日本代表のような)。
  •  午後の刑事系は公法系の犠牲を活かして比較的まともにまとめられました。刑法・刑訴法ともにそんなにおかしいことは書かなかったと思いますが、実力不足で細かい点の処理が雑なのでどれくらい点数をくれるかは分かりません。刑法ではVから10万円奪った行為についての処理が悩ましかったです(甲については共謀の射程外、乙については当初の暴行・脅迫による犯行抑圧が継続している状況を利用したので1項強盗罪成立としました)。刑訴法では設問2の違法収集証拠排除のあてはめのやり方がいまいち分かりませんでした(警察官に令状主義潜脱の故意までないからそんなに悪質じゃないような気はしつつも、実質的には無令状での捜索差押だし排除でいいんじゃない、みたいなふわっとした立論に)。
  •  最後の一般教養科目は正直出来不出来が分かりません。学部の頃に人文系のことをやっていたので、引用文献について、アクセル・ホネットはハーバーマスの弟子か何かで聞いたことあるな、ナンシー・フレイザーはあんまり知らないなと思いました。あんまり簡易な表現で書けなかったので、もしかしたら評価低いかもしれません。
  •  2日目しょっぱなの実務基礎科目について、刑事はそれなりに題意を読み取れた気がしましたが、民事はポカもあり微妙な出来でした。最初に解き始めた刑事は設問5の弁護士倫理上の問題以外は論点は外さなかったと思っています(39条の預かり品の保管の話だと思ったのは私だけですか......)。設問4(2)についても規則189条の2の問題だと思ってきっちり書けました。ただ、刑事で100分くらい使ってしまったのと、民事の設問1で債権者代位と勘違い→書き直しの際に附帯請求の記載を忘れる、というコンボをかましたのであんまりよくなさそうです。同時履行の抗弁についてのせりあがり、相殺と消滅時効の508条、準備書面、については最低限のことは書けたと思っていますが。
  •  最後の最後の民事系は商法→民訴→民法の順に解きました。そしてその順に時間がやばくなりました。商法は設問1は303条と305条の各要件にあてはめて、最後は124条4項ただし書きの解釈論を示して、会社のやったことは不当だ!という処理にしました。設問2は直接取引の場合に責任限定契約の規定適用されないっていうの知らなくてミスりました。少なくとも重過失なので責任限定されないから1,800万円の損賠責任あるよと書いたので結論において正当ではあるのですが。民訴法は複数当事者訴訟についてのふわっとした理解を反映してふわっとした答案になりました。設問1は普通に同時審判の申出できるやんって方向で書いちゃいました。設問2の参加的効力についての記載は理解不足で雑な記述になっちゃいました。設問3はほとんど書けず。民法安全配慮義務使用者責任、時効と履行遅滞の起算点の優劣については最低限のことは書きました。設問2は20分弱くらいしか時間がなくてダーって書いてたら終わったので、イマイチでした。

4. 雑感

  •  とにかく書いて覚えるということをもっとするべきだった。目を通す型の勉強だといざ本番になってすらすら規範が出てこない。ただ、今回は準備期間の制約があったのである程度はやむを得なかった。
  •  逆に言うと書いて覚えることをちゃんとやれば、出てくる論点自体は基本的なものが多いので100選の判例の規範とあてはめさえノートに書きだして理解しておけば必要十分だという感触を得た。
  •  初受験模試未受験なので採点の相場観が全く分かりませんが、自分の願望込みの評価予想を示しておきますと、憲法E、行政D、刑法C、刑訴C、教養B、実務C、商法A、民訴D、民法Cとかだと思っています。合格するにはやはり少し足りなかったかなという印象。3桁順位ではあると思っているのですが、500番以内とかって言われると厳しいと言わざるを得ないかと。ただ、評価甘ければ20%くらいは可能性あるかと。
  •  今後しばらくは通勤時間を使って判例百選を読みます。タイミングを見て司法試験の過去問の検討も進めていく予定です。